メモ

忘れちゃいそうなこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小言メモ

renge.jpg
長いこと横浜に住んでいたので東京に移り住んだ今も、
たまにアレ系のラーメンが食べたくなることがある。

ふと気が向いて湘南なんとかライナーに乗り、横浜に向かう途中で
定休日を確認しようとサイトを開いたら、御徒町に支店があるという。
恵比寿で山手線に乗り換え、御徒町の店を見つけ席に着く。
と、レンゲがある。

学生時代によく通っていた本店は、本家より継いだ伝統か、
言葉は悪いが荒っぽいというか、男っぽいというか、そういう店だった。

そしてその店にはレンゲが無かったのである。
初めての客が事情を知らずにレンゲを頼むと、店の兄ちゃんはちょっと、というかかなり慇懃に、
「あーウチはレンゲ出さないんで」
客は店の慣わしに大人しく従い、油でギトギトのどんぶりを持って汁をすする。
そういう店だった。

が、今日のここの支店には、なんぼでも使えと言わんばかりにレンゲがストックされている。
別にそのこと自体は経営方針が変わったのかもしれないし、この支店の方針かもしれないし、
いろいろあるんだろうから、特段腹が立つとかそういう事はないのだけれど、
あの時あの場所で「レンゲぐらい出せや」とか「食いづれえなあ」とか声を押し殺して黙って食べていた
人々の気持ちを集めたら、ちょっとしたブラックホールぐらいにはなるんじゃないかと思ったりする。

帰りは上野方面から戻ったんで、結局山手線を一周してしまった。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/15(月) 01:24:22|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。